人気ブログランキング |
excitemusic

静岡県富士宮市立貴船小学校ミニバスケットチームのページ。
by kibunedelfines
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
皆さん。スポニチに写真の..
by kibunedelfines at 21:01
たかつ?
by 5父 at 20:55
これで、全国デビュー⁉️
by kibunedelfines at 20:55
たかつ?
by 5父 at 20:51
たかつ?
by 5父 at 20:51
親として充実した練習がで..
by 5父 at 19:31
卒団生には感謝と功績を称..
by 在団生父 at 23:27
昨年のキッズ大会の話しを..
by ♯5父 at 21:33
シャンソン岳南決勝で、男..
by wan1125 at 15:16
順位決定戦の時、貴船さん..
by #12 at 01:30
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


R1.9.8 翔洋杯 女子

 翔洋杯、結果は準優勝。全員が揃わない中(いつものことで、すでに慣れっこになっている。(笑))で、十分に戦っていると思う。毎年、夏の暑い7月、8月はあまり走らず、基礎練習の日々、他チームとの体力差が気になるところだが、先週、今週と試合をやってみてそんなに体力差等は感じなかったのでひと安心。さすがに3試合持つ体力はないが、それはこれからの練習でつけていきたいと思う。
 先週の志太榛の時に思ったが、県大会の時には結構1対1でやられていたと感じていたが、ついていけるようになっているし、今回はスピードというか、切れが増しているように感じた。男子にもそれは感じている。その理由は、8月中旬の合宿からやりだしたトレーニング効果ではないかと感じている。手と足の連動、股関節の柔らかさを主においたトレーニングで、うまく連動してスムーズに動けるようになっているのではないかと思う。子供達も家でやってくれているのも大きい。前日のトレーニング講習の講師も言っていた。「みんなやっているのがわかる。これからもしっかりやればマスターできるよ。」
体操やストレッチ、体幹トレーニングは興味のない練習で適当にやりがちだが、実は怪我防止や体のキレに繋がる。一人一人がポイントを意識して真剣に取り組んでほしい。

# by kibunedelfines | 2019-09-13 00:35 | 試合報告 | Comments(0)

R1.9.7 ACTIVATE GYM トレーナーによるトレーニング講習会

 ACTIVATE GYMの山地トレーナーを貴船小学校にお迎えし、トレーニング方法について学んだ。
 山地トレーナーはBリーグの『三遠ネオフェニックス』のストレングストレーナーを務めている方だ。
 1か月ほど前に、男子の練習試合に呼ばれた際に、そのチームで講習会を開いて下さり、そこで講師として来られてお会いした。その時は通常3時間程度で行うところを、1時間30分ぐらいであったため、詳しく話を聞いてみたいと思いお願いしたところ、快よく受けていただき、今回の開催となった。
 前回、受けた時より内容は細かく、体の作り、呼吸法等についても説明があり、とても勉強になった。子供達も何のためにトレーニングしなければならないか、正しくやることの大切さがよくわかったのではないかと思う。
 嬉しかったのが、「女子もやっていますね。みんなできているんで、これなら、もう1ランクアップした内容も教えようかな。」と言ってくれたことだ。前回受けたのが男子だけであったが、練習としては合宿から男子も女子も行い始めた。それから3週間、毎回、細かく細かく説明してやらせてきた。子供達も一生懸命にやってくれている。その様子を見て感じたのだろう。また、「今回の事ができるようになっていれば、次回もまた、違うことを教えたい。」とも言ってくれた。みんなで早くマスターしたいと思います。
 なお、次の記事の時に載せようと思いますが、この3週間の効果は着実に出ている。今回、行ったことを早く、身に着けられるようにしっかりポイントに注意してマスターしてほしいと思う。

# by kibunedelfines | 2019-09-09 23:49 | 練習日誌 | Comments(0)

R01.8.25 男子:翔洋杯

 夏休み最後の試合となった翔洋杯。結果は第3位となった。翔洋杯は3ポイントを導入しており、普段の試合とは違った面白さのある大会だ。
 内容としては行ったコーチ陣の話を総合すると全体的には、今、やろうとしていることが、少しは垣間見えた内容だったようだ。
 県大会ベスト8に残っているチームとの試合では、まぁ、こちらは県大会にも東部大会にも出場していないチームなので舐められても仕方がないと思うが、ベストメンバーを出さなかったとは言え、速攻の展開にも持っていけたし、1対1でもやっつけている部分もあった。また、その他の試合では春先に15点差ぐらいで負けていたチームに逆に15点差ぐらいをつけて勝ったことを考えれば、少しは進歩があったのかなと思う。
 ただ、自分はビデオで見た感想を言えば、決めるべきシュートを決めていればもっと、いい試合ができるのと思うし、今、やろうとしていること以外でも、1人1人が課題を克服しなければ自分達の目標には簡単に行かないだろう。

 ・オバタ・・・・・オフボールの動き、ルーズボールに対する気持ち
 ・シュンスケ・・・パスの位置、ディフェンスの頑張り(追いつけているのに後1歩頑張れば・・・てことが多々ある。)
 ・アキラ・・・・・ゴール近くのシュートの力強さ。リバウンドを取ったときのボール運びのスピード
 ・ヒヨリ・・・・・ドリブルからストップして、シュートに行くときに腰を落とさないでジュンプシュートに行くこと。ゴール下のシュートのボールが上がらないこと。
          体力面。
 ・リクト・・・・・ディフェンスのローテーションの意識
 ・ハル・・・・・・ロングシュートの精度

 全員、書くと長くなるのでこのあたりにしますが、男子は毎月のチェック表の提出がほとんどないので(1回も出したことがない子がいると思います。)、自己反省しているのかもわかりません。父母の方、聞いてみてください。提出の多い子は自己反省をしているため、よく出ているリクトは段々、よくなっています。提出の悪い子は、1年間、ずっと同じことを言われ続けています。
 男子は後、1か月で岳南地区予選が始まる。この1か月でどういう意識を持って練習に打ち込むのか。子供達の練習時の意識に期待したいと思います。

# by kibunedelfines | 2019-08-28 23:59 | 試合報告 | Comments(0)

R1.8.15~8.18 合宿+1

 8月16~18日にかけて2泊3日の合宿とプラス1(15日)、みんなお疲れさま。みんなが期待(?)していたより軽めの練習だったのでなはいかと思います。
 今回のテーマは手と足の連動とコンタクト(接触)でした。それをメインに行ったので、軽い練習になってしまいました。とは言ってもこの5、6年くらいは夏にあまり走らなくしたので、いつも通りと言えばそうなんですけど。(だから、夏のうちのチームは暑さに負けてしまいますが・・・。)
 今年もまたこの夏に新しいことに取り組み、成功するかはわかりませんが、信じてやっていきたいと思っています。男子は後、1か月も経てば、岳南地区予選が始まります。自分達の夢のためには1人1人の意識が大切です。強い気持ちを持って練習に臨んでほしい。
 最後に、父母の皆様のおかげで、おいしく、楽しく、集中して合宿を行うことができました。ありがとうございました。


# by kibunedelfines | 2019-08-21 23:59 | 練習日誌 | Comments(0)

R1.8.4 伊東招待大会【男子】 ~番外編~

 伊東ミニバスの招待大会に参加してきました。好試合の連続で楽しく試合を観戦することができた。伊東ミニバス様には感謝いたします。
試合について述べる前に、奇跡的なことがあったので報告します。試合会場に向かう時に運転手がインターを通りすごしてしまい、先のインターでUターンしてきたため30分程度、遅れてしまいました。伊豆の山中に入る前に、軽トラックがいました。よく見るとデルフィネスのシールが.....。このシールは2年前の会長さんがコーチに作ってくれたもの。ということは、亡Hコーチの軽トラックだ。ナンバーは変わっているが、こんな奇跡があるんだなと思った。そういえば、もうすぐお盆だ。5月に行けなかったから、墓参りに来いってことかな。
b0139212_21530403.png

# by kibunedelfines | 2019-08-07 21:54 | 試合報告 | Comments(0)

R1.7.28 黒潮カップ 男子

 御前崎市で開催された黒潮カップ。県大会レベルのチームのブロックと地区大会レベルのブロックの2つのブロックで行われた。もちろんうちのチームは残念ながら後者の方だが......。
 どの試合も接戦の試合が多く、組み合わせが絶妙だった思う。大会関係者に拍手。
 試合の結果は言うといい試合はしているが、決めるべきところでシュートを外していて、6点差で負けてしまった。そのチームが結局、優勝しただけに非常に残念だ。子供たちによく言うが、シュートは練習がすべて。練習で入らなければ試合でなんか決まらない。本当に簡単に手投げのようなシュートを打つ。1本1本のシュートを大切にしてほしい。
 最後にEコーチが言ったが、これからはサバイバル。お互い、競争心を持って練習に望んでほしい。

# by kibunedelfines | 2019-08-02 00:25 | 試合報告 | Comments(0)

R01.07.21 県協会長杯県大会②

 前回の記事で時間がなかったので、わざと重く書いたが、実際はそこまで思っていない。(慣れ?(笑))全員が揃っていても勝てたかというとわからない。
 結果だけ見れば、中部1位と西部1位と互角に渡り合えたのは良かったのではないか。自分達のチームとしての力が他のチームとそんなに力の差がないことはわかったのではないかと思う。
 県大会決勝トーナメント第1試合目、中部地区1位チームとの対戦。結果は1ゴール差の負け。負けた原因はと言えば、やっぱり気持ち、特にルーズボールに対する必死さだろう。自分の近くのボールを何回も取られていた。敗者戦での西部1位チームとの対戦は持ち味が出た試合だったと思う。
 とは言え、やっぱり今後、上位を狙っていくためには、一番大事なのは「声」だと思う。とにかく声がでない。
 一昨年、パナで準優勝したときには、仲間に対しての「声」がよく出ていた。仲間に対して「声」が出すことができるようになれば、ここぞという時の相手に対する自信にも繋がると思う。みんなが今後、どう考えるかだ。自分の気持ちに勝とう。

(番外)
 他チームのOGの中学生が、「貴船の子んち、みんなシュートフォームが綺麗だね。」と言ってくれていたそうで、最高の褒め言葉だ。ワンハンドシュートを丁寧に続けてきてよかったなと思った。
 うちのOGが中1のとき、ある夜連へ行った際にその指導者が「ありえない。」と言って、シュートをツーハンツーハンド変えさせようとしたため、それ依頼、その子は行かなくなった。懸命な選択だった。今、その子は中2だがワンハンドシュートでスリーポイントを決められるようになっている。また、前にも書いたが、高1の子が外部コーチにツーハンドに変えろと言われた。これからは女子もワンハンドシュートの時代だ。(JBAの育成方針がそうなっている。)。自分達も固定観念にとらわれず、最近の動向に注意していかなければとつくづく思う。

# by kibunedelfines | 2019-07-27 23:21 | 試合報告 | Comments(0)

R1.7.20 県協会長杯県大会 女子:第5位

 県協会長杯県大会決勝トーナメント、結果は5位に終った。
 感想を一言で表すと『全員が揃って戦いたかった。』につきる。
 昨年の4月の頃から、誰かが試合で怪我をする負の連鎖が続いていて、地区の新人戦の頃から、今まで全員が揃ったことが、数試合しかなく今回も、知り合いの監督から、「今日は全員いるの?」と言われたが、今回も怪我人、体調不良者がいて、全員揃わなかった。うちはいつ、全員が揃うのだろう?貴船の苦悩は続く.........。

# by kibunedelfines | 2019-07-24 23:34 | 試合報告 | Comments(0)

R1.7.14 女子:県協会長杯予選リーグ突破!!

 県協会長杯予選リーグを見事突破し、決勝トーナメントに進出した。県ベスト8である。
 考えれば150チームくらいいる中の県ベスト8、よく頑張った思います。172.png
 大きな怪我もなく、全員が揃った状態での久しぶりの試合。他地区を勝ち抜いてきた3位、4位クラスの相手なので当然、簡単には勝たしてくれなかったが、東部の役員や審判関係者から、「ディフェンスが良かった。貴船のいい所が出た試合だね。」と言ってくれた。また、山梨遠征では3試合でロングシュートが1本しか決まらなかったが、1試合4本~6本ぐらい決まっていたこと、ほぼ全員が得点していること。うちのチームのモットー「チームで戦う。」ことができたのではないかと思う。
 とは言え、凡ミスを連発して連続得点を奪われるなど、まだまだ、精神面の弱さが出てしまうところがあるが、やっぱり大事なのは「平常心」「判断力」だ。そのためには日々の練習からポイントを意識し、考えてプレーをこころがけることだ。次の決勝トーナメント全員が同じ気持ちを向かって戦ってほしい。
 自分達の目標に向かって「前へ‼」

# by kibunedelfines | 2019-07-15 05:21 | コーチのつぶやき | Comments(0)

R1.6.19 県協会長杯東部大会を終えて

 県協会長杯東部大会、女子は第3位となった。子供達は悔しかっただろう。一部の父母には、1週間くらい前に今の状態、雰囲気を考えたら「3位が取れればいい方。」と言っていたのでコーチ陣としては、ほっとしたといったところだ。
 かなり緊張した中で第1試合目はなんとか勝ち、臨んだ準決勝、後半、相手にいいように走られ、完敗といったところだった。
 3決の練習前、負けたショックでどうかなと思っていたら、まったり感がすごく、相手チームも延長で負けたショックで同じような感じだった。
 試合はどうなるかなと思っていたが、試合が始まると気持ちが入り、よく声が出ていい感じでゲームを終えることができた。
「やっぱり、声は大事だ。」
 一方、男子は岳南地区大会で予選敗退。とは言え、岳南地区で東部大会へ出た8チームのうち6チームが岳南のチームとなった。ほかの東部大会に出ていない岳南チームでも、強いチームもある。そんな中で岳南大会を勝ち抜くのは厳しいが、秋の大会で岳南地区を突破すれば、東部大会、県大会へ行けるチャンスが少なからずとも出てくるということだろう。
 女子は当面、7月の県大会に向けて、男子は秋の岳南予選に向けての練習となる。どちらにしても1人1人が、高い意識を持って練習することが、自分達の目標への近道だと思う。先週の練習は、声を出して集中して練習ができていたと思う。自分達の夢へ向かって。
「前へ」

更新を通知する

# by kibunedelfines | 2019-06-26 22:37 | コーチのつぶやき | Comments(0)