練習日誌 ~2月10日~

 翌日、試合を控えていたので、今日は軽めの練習の予定(?)でしたが、
コーチ陣がこだわりたい部分があって、結局、いつもとあまり変らない程度
の練習になりました。今、コーチ陣がこだわっているのは、速攻です。
 ディフェンスからの早い攻め、アウトナンバー(オフェンスが3人、ディ
フェンスが2人などオフェンスの人数が多いこと)の状態にするために、
ボールを持っていない人がいかに速く走れるか。男子も女子もこれが課題です。
 よくみんなに言いますが、バスケットで相手より速く走るコツは、足の速さ
ではなく、“タイミング”(相手より速くスタートを切ること)と“走るコース”
です。足の遅い人でも相手より1秒速くスタートを切れば前でボールをもらうこと
が出来ます。スタートの仕方もゆっくりでなく一気に行かなければいけません。

 速攻での走り方としては 
①ボールから遠い位置の人がスタートを一気に思い切って走ること

 貴船のチームの子はみんな、仲間意識が強いのか、仲間のプレーが信用
できないのかボールから遠い位置の子が思い切ってスタートができません。
 必ずボールを見ながら走ります。だからディフェンスを振り切れません。
リレーとか全力で走る時に横を向いて走る人はいないと思います。ディフェンスを振り切らない状態で絶対にパスはこないので、ボールを見ないで目を切って走る勇気が必要です。

②走る位置を考える(外側を走る)

 なかなか、簡単なようでこれができません。よく、「真ん中を走るな」と言われますが、
走りだした場合、急にコースを変えるのはなかなか難しいです。だから一歩目を外に向かってスタートするか、まっすぐスタートするかで変ってきます。常に一歩目を外に出す意識を向けましょう。

 話は変りますが、今日の練習の中の1対1で4年生の女子のゆうな、さな、ゆみかの意識の高さを感じました。1対1で積極的にバックチェンジをしていました。日頃から意識をもってやっていれば、必ずものになると思います。5年生もこの点について、見習ってほしいです。

by kibunedelfines | 2013-02-11 13:36 | 練習日誌 | Comments(0)