11/23 岳南地区新人戦 決勝トーナメント 男子:第3位 女子:第5位

 先日、行われた岳南地区の新人戦で男子が第3位、女子が第5位となった。
 男子は優勝したチームに前半こそ、点差を大きく離されたが、後半はほぼ互角の試合をした。ある父兄の方に「すごいディフェンス良かったね。手を上げてディフェンスをしているのはいいと思うよ。」と言われた。とても嬉しく感じた。欲を言えばもう少し簡単にスクリーンにかからないよう、特に2線のプレッシャーをしてくれればもっと、よかったが・・・。
 オフェンス面で言えば、やはり全員が得点できる力が必要となる。『ケイゴ』と『ソウタ』中心の得点だけでは限界がある。前半の得点差は、二人が第1クォーターと第2クォーターで別れてしまい、攻撃が1人に偏ってしまうところだ。攻撃が特定の子に偏っていると、その子がよっぽどスーパースターでなければ止めやすい。
 やっぱり、『リュウタロウ』、『レンタロウ』、『ユウキ』、『ケンゴ』、『リュウキ』(あっ、5年生全員だ!!)の得点力を高めるために、ハンドリング等の能力とシュート力を高めるための安定したシュートフォーム(1本、1本打つたびにシュートフォームが違って打っていたらダメ。問題はそれが自分でわからないことが問題。)を身につける必要がある。
 優勝したチーム以外は圧倒的に勝ったことは、もちろん◎だが、さらに上を目指して頑張ってもらいたいと思う。
 女子は、4年生チームで岳南5位を取ったことは、見事だったと思う。多分、今後は、上級生が伸びていくので、今回の結果より上へ行くというのは、難しいと思うが、それでも相手を上級生と思わずにこれからもいろんなことにチャレンジしていってほしい。

by kibunedelfines | 2017-11-28 22:01 | コーチのつぶやき | Comments(0)