H30.7.8 東部交歓大会より

 7月8日、5年生以下の東部交歓大会が貴船小体育館で行われた。男子、女子ともにブロック優勝。166.png
 来年の上位クラスのチームと組合せで当たらなかったことが一番、大きいが、それでも見事な勝利だった。
 組合せでも神がかり的な展開となり、自由な組合せのリーグ戦にもかかわらず最後の試合は、男女とも決勝、3位決定戦という形になった。
 男子の最後の試合の5年生の集中力はすごく、通常とは動きが明らかに違った。女子が先に優勝を決めたのだが、「自分達も!!」という思いがあったのだろう。
 その中でも特に『ひより』が目立った。後から来た事もあって、ベンチに入らず、ステージの上から第三者的に試合を眺めていたが、シュート、1対1、走り、どれを取っても、今までみた『ひより』ではなく、苦しい顔も見せることも全くなかった。
 コーチはみんな思ったと思う。「いつも、練習、試合をこのぐらいに頑張ってくれればもっと動けるようになるのに・・・」。実際、1、2試合目は早くから苦しそうで、走れていなかったと聞いた。
 女子は、5年生が多く、6年生がいない状態で戦っているのを知っている人も多く、周りからも勝って当たり前と思われている。実際、「何で貴船がここにいるの?」と言っていたチームもあるようだが、交歓大会はいろんなチームとやるのが目的なので・・・。
それでも、今年は怪我人が多く、満足に全員が練習できているわけではない。正直、みんなが思うような圧倒的なチームではない。それでも、集中したときのディフェンスの安定感は抜群で、見事な勝利だったと思う。
 ただ、今回の男子の試合を見て感じたのは、あんなに神がかり的な動きができたのも、やっぱり、気持ちだろう。「優勝する」と言った強い気持ちが自分の最高の動きをした。6年生にはこれを感じてほしい。漫画風に言えば「精神が肉体を凌駕する」。やっぱり気持ちだ!!

by kibunedelfines | 2018-07-19 00:35 | コーチのつぶやき | Comments(0)