女子:H30.9.8 練習試合、H30.9.9 湘洋杯から

 久しぶりの2日間の試合。今回も一部、怪我人がいて、全員揃っての試合がこの数か月できていないが、なんとかパナホームカップに向けて、全員、揃いたいところだ。先週の土曜日に集中して練習ができたおかげで、この2日間で少しだがラリーの展開ができるようになったと思う。特に2日目は、清水地区の上位の方のチームとの対戦もあり、いい練習になったと思う。6年生のスピードにかなりついていけるようになったと感じられる。この夏に走る練習をたくさんしたということはないが、7月くらいから始めた股関節の可動域を広げる練習の成果だと思う。男子も女子も、第4クオーターになると相手のスピードが落ちる感じがある。うちのチームも疲れていると思うが、相手がそれ以上に疲れている感じだ。体力というより、可動域が広がったことによって、同じ距離を走るにも疲れが少なくすんでいるのかなと勝手に思っています。
 男子も女子も、ミスを少なくすることが大事です。ラリーを意識しすぎて、安易なパスが多い。パスミスは相手にボールをくれているのと一緒です。ラリーを考えながらも、パスができるのかどうか判断することが大事です。これからの練習では、必ずディフェンスの位置を見て、判断するよう心掛けてほしい。

by kibunedelfines | 2018-09-12 00:23 | コーチのつぶやき | Comments(0)