9/17 練習試合(なんちゃって貴船招待?)

 市民体育館での練習試合。県外、東、中、西部から参加していただき、さながら招待大会のようだった。
 男子は欲を言えば、相手チームが選手がいなかったり、チームとしてのモチベーションが悪かったりするなど、残念なこともあったが、男子、女子共、今、やっていることがどの程度できるかを確認するにはとてもいい練習試合となった。
 男子も女子も夏休みから始め現在も行っている陸上トレーニングの股関節の可動域を広げる練習や、走り方の意識の練習の効果もあって、夏休みにそこまで走り込みをしていないが、スピードの維持ができるようになっている。同じ体力でも、股関節の可動域が広がったことによって、楽に走れるようになっていると思う。 男子は、これに加えラリーにおける判断がかなりよくなってきている。女子は、パスをするのかドリブルをするのか判断ができない場面があり、少しでも完成度を上げていきたい。全体の試合を通して感じたことは、試合の中での声の重要性を改めて感じた。男子はお互いに声をかけ、試合を盛り上げようとする姿勢が習慣付いてきている。だから、いいゲームができている。女子はもっと頑張ってほしい。第3試合目の4クォーターで、私達がベンチ、プレーヤー対し、単発的にならないでもっと声を掛けろと言って盛り上げるように言った。そうしたらディフェンス、オフェンス共に動きがよくなり点差を離すことができた。やっぱり試合では、いい盛り上がりが必要だと思った。特におとなしい女子には必要だ!!
 

by kibunedelfines | 2018-09-22 06:58 | コーチのつぶやき | Comments(0)