H30.10.13 合同練習

 女子は次の日が岳南地区大会の決勝Tのため、軽めの練習を終えた後、男子と女子の低学年で他チームとの合同練習を行った。今回、片浜男子が来てくれた。とても楽しかった。よく言っているが、合同練習はうちのチームに取ってもメリットがある。相手チームにプレーを見せるために1つ1つのプレーをしっかりやらなければならないからだ。細かい点の再確認にもなる。また、片浜さんが上級生が少なく、低学年も多かったこともあり、上級生が多く、低学年にあまり教えることができていないうちのチームにとっても良かった。片浜の父母の方から「6年生が丁寧に教えてくれて良かった。いろいろ聞いても答えてくれてよく理解されているからびっくりしました。」と言われた。6年生に拍手!!165.png165.png

<岳南地区大会決勝T 裏話> 
 先週の男子の岳南地区大会決勝T。後から聞いた話だが、『シュンスケ』が靴下が血だらけになりながら頑張ったとのことだった。シュンスケは足の皮がむけやすいためだそうだが6年生のために頑張ったくれたようだ。知っていれば試合に出さなかったが、その気持ちはとても嬉しく思います。その思いに答えられるよう6年生は頑張ろう。後、もう1つ。合同練習の日、父母から「肘、どうかされました?」と聞かれた。肘をテーピングしていたからだ。実は、決勝Tの次の日、朝、起きてみると肘の関節が痛くなっていた。今まで肘を痛めたことがなく、ぶつけたとか肘が痛くなるようなことをした覚えがなかった。思い当たるとしたら・・・・、『ガッツポーズ』『オーバーアクション』のやりすぎ? +(プラス)歳(とし)かな。これからもかけてる試合の時には、子どもを鼓舞させるために続けます!!

by kibunedelfines | 2018-10-14 06:34 | コーチのつぶやき | Comments(0)