ちょっと、面白い本。

まいど、69er's Daddyです。

ちょっと面白い本を見つけました。最近、「孫子の兵法」にハマっている男子6番。
いろいろな「孫子の兵法」が出版されていますが、今回、第2段の本です。

① 「スラムダンク孫子」
スラムダンクから孫子の兵法が学べます。
「孫子の兵法」って何って? それは、自分で調べてください。

② 「スラムダンク勝利学」。
「孫子の兵法」とは関係ありませんがバスケだけではなく、すべてのスポーツに対しても
必要なことが書かれています。← 読んでみる価値ありです。振りカナが
振ってあるので小学生でも十分、読めますよ。

b0139212_22301382.jpg


Go Delfines!!

by kibunedelfines | 2013-01-26 22:41 | Delfines PaPa | Comments(0)

re:新人戦の試合から

こんばんわ。69er's Daddyです。

男子新人を観て、結果は残念ですが一試合ごとに成長を感じてます。

ですが、バスケをする以前に大事なことが分かっていないような気がします。

一番感じたのは、選手とコーチの信頼関係ができていないこと。

選手たちは、コーチをもっともっと信じてください。練習で教えてもらったことを
しっかりと体にしみつけてください。無駄なことは一つもありません。
むしろ、必要なことを確実に教えていただいています。
そして、試合では自信をもって練習したことを出し切ってください。

もうひとつ、コーチの選手たちへの思いを理解してください。

信用+理解が信頼となります。

信頼関係ができて、初めてチームができあがります。個々の技術も大切ですが、
選手たちとコーチが一つになれば、もっともっと強くなれるはず!!

Believe and Trust each other!

Go Delfines!!

by kibunedelfines | 2013-01-26 22:24 | Delfines PaPa | Comments(0)

新人戦の試合から

 新人戦の試合がありました。男子の試合結果を見ると散々な結果のように思えますが、皆さんはどういうように見ていますか?父母の皆様は特にがっかりしている方もいると思いますが、コーチ陣はそうは思っていません。
 確かに相手はスピードが速く、ディフェンスはカバー(どちらかと言うとダブルチームに近い)がしっかりできていて、攻めれなくて大量得点されています。しかし、1対1だけを見ると、ドリブルワークで完璧に抜いている機会が多くありました。結局はカバーが入り2人にはさまれるなど、パスを取られてしまっていましたが・・・。
 そう意味では1対1中心に何か月もやり続けてきた成果がでていると思いました。個々の1対1の技術は確実に上がっていると思います。相手チームの2、3人のエース級には、まだまだだと思いますが、ほかの7人には負けていないと思います。
 これからの課題は、①周りを見ながら1対1をしていいパスが出ること。②お互いにカバーしあいながら、その時に応じたディフェンスができることです。
 特に②については、まだまだ素人から抜けていないのが残念です。うちのチームは、コーチがこれない事が多いのでプレスディフェンスなど組織だったディフェンスを教えている時間はありません。
 練習で行う2対2のディフェンスが基本で、後は試合で感覚を掴んでもらうしかありません。だからコーチ陣が言っていることをよく聞いて考えてください。ディフェンスが理解できると周りが見えてきます。
 最後に今回の試合で伸びているなと感じたのは、りょうです。ドリブルのチェンジが癖がなくスムーズにできています。あと、ほかに一番印象に残ったのはしょうまです。プレーを思いきって1対1をしていました。
 常に練習をがんばり続けるのは難しいですが、そのがんばりが自分を、チームを強くしていきます。

by kibunedelfines | 2013-01-23 23:28 | コーチのつぶやき | Comments(0)

新年初練習にて

 明けましておめでとうございます。
 9月の市民スポーツ祭以降、4か月ぶりに練習に行きました。前回のキッズ大会でも見て感じたことですが、みんなの動きが変わってきたなと思いました。毎日、見ていれば感じなかったかもしれません。地道な練習の成果ともいえます。ただ、あまり変っていない子もいます。この差はなんでしょう?
 能力? いいえ、練習に対する取り組み方や一つ一つのことをまじめにやっているからではないでしょうか。
 今までの経験からあまり変わらない子に2つのパターンがあります。
 一つは自分がうまいと思っていて仲間を馬鹿にしたり、自分についてこれないと思っている子。
 もう一つは自分にはどうせできないやとあきらめてしまっている子。
このどちらかに当てはまっていたらいつまでも今とプレーが変わりません。
 早くうまくなるための一番の近道は、注意深く練習することです。 

by kibunedelfines | 2013-01-07 12:57 | コーチのつぶやき | Comments(0)