岳南地区新人戦 男子 準優勝!女子 第6位 

 岳南地区新人戦の決勝トーナメントが行われ、男子は見事に準優勝、女子は第6位と大健闘でした。
男子が岳南地区で決勝まで進むのは7年ぶりの快挙です。女子も組合せにも恵まれた感もありますが、見事な試合でチャンスをものにしたと思います。
その割に父母の反応が薄いのが気にかかりますが、コーチ陣はよくやったと大満足です。038.gif
 男子が決勝まで進んだ、女子が2試合目を勝利したとメールをもらったときには正直言ってほっとしました。
 これからさらに上を目指して練習に励んでほしいと思います。
 ある有名な野球選手の言葉がスポーツ新聞に書いてありましたが、
 「練習で120%出さなければ、試合では力が発揮できない。」
確かにそうだと思います。この言葉を聞いてどう感じるかは子どもたち次第ですが・・・。
今の子たちが特にできないと思うのが、短い距離を急激にスピードアップで走ることができないと思います。
 練習でスピードが出ていないと思って「ダッシュ」とか「スピード」とか掛け声をかけても、スピードが変わらず、そのまま惰性で走って
しまう。子どもたちはそんな感じはないかもしれませんが、短い距離でも意識してスピードアップしようという意識がたりないかなと思います。
 練習はうそをつきません。120%の努力でがんばりましょう。
 前回、男子で変化の出てきた選手のことを書いたので、今回は女子のことを書きます。
 「すず」と「ゆうか」です。「すず」はドリブルシュートで行くときのステップが切れ味が鋭くなってきました。「ゆうか」は明らかに走るときの足の運びがスムーズになってきましたさらに、この調子で頑張ってください。(ほめてばかりではいけないので・・・すずはシュートフォームを丁寧に、ゆうかはハンドリングかな)
 また、気づいた子がいたら書きます。




by kibunedelfines | 2015-11-25 00:20 | コーチのつぶやき | Comments(0)