最上級生としての自覚を!!

 6年生には最上級生として、チームを引っ張っていくということ、自分たちの練習風景、プレーを下級生が見ているということを自覚を持ってほしい。
今日の練習、コーチ、みんなが同じように言ったこと「6年生ヤバいな!!」
 最近の6年生に感じるのが、今年の6年生はある程度の高度の事がいつでもできてしまうためか、単純な練習を正確にす早くやっていない。
だけどこれがいい結果を生むはずがない。最近の試合を見ればおのずと見えてくる。得点力、シュートの確立の低下、相手の厳しいディフェンスへのドリブル技術、ハンドリング、パスなど、どうだろうか?
 例えば、最後にやったオールコートの対空時間を長く飛ぶレイアップシュート
 〇途中でドリブルを失敗して、そのあとゆっくりドリブルしたままシュートに行っていないか?
 〇大きくジャンプしないで、普通にレイアップシュートをしていないか?
 〇アンダーで打たなければならないのに、オーバーで打っていないか?

 下級生は6年生みたいになりたいと思った子のプレーをまねします。
 また、チームとしても、一生懸命練習しているチームに勝てなくなると思います。
 6年生の自覚を期待します。

by kibunedelfines | 2016-04-23 23:26 | 練習日誌 | Comments(0)