日比野カップ決勝を終えて

 男子も女子も日比野カップは第3位となった。136.png
 男子は、6年生と5年生のスピード、高さの差が如実に表れた形となった。これについては、仕方がないことだと思いますが、ただ、プレッシャーをかけられたときのハンドリングミス等が結構多かったことは否めない。技術力のアップと精神的なゆとり(自信)をつけることは必要になると思う。後、6年生も経験が浅い子が多いので、ディフェンス(特にチームディフェンス)の考え方の習得は必要だと思う。とは言ってもすぐに理解できるわけでもないので、秋ぐらいまでにはがんばって理解してほしいと思います。
 女子は、〇〇たがいないことの影響が大きいが、前半で決めてほしいところで3本くらい決められなかったことが大きいかなと思う。それでも、後半で〇〇たがいなくても、ほとんどの試合で勝っているということは大きいと思う。個々が成長しつつあることを感じています。
 男子も女子も、県協会長杯には必ずしもいい状態で望めないかもしれませんが、最終的には追いつけるように頑張って欲しいです。
 ここ2年間くらい男子は、今の時期に30点差で負けたチームに最終的に勝つまでには至らなかったですが、5、6点差には縮めているので、今年もみんな頑張って追いつくことができると信じています。
 

by kibunedelfines | 2017-05-05 07:44 | コーチのつぶやき | Comments(0)